Classi開発者ブログ

教育プラットフォーム「Classi」を開発・運営するClassi株式会社の開発者ブログです。

運用

Amazon OpenSearch Serviceをアップグレードしました

こんにちは、プロダクト開発部でバックエンドエンジニアをしている望月です。 Classiのサービスでは、先生や生徒がアップロードしたコンテンツファイルやWebテストなどの検索システムにおいてAmazon OpenSearch Service(以下、OpenSearch)を利用しています…

ClassiのアダプティブラーニングエンジンCALEの品質を高める取り組み

はじめに こんにちは、Pythonエンジニアをしてます工藤( id:irisuinwl )です。 この度、Classi独自のアダプティブラーニングエンジンである Classi Adaptive Learning Engine (CALE) をリリースしました。 corp.classi.jp 自分は主にCALE開発において、レコ…

Content Security Policy のレポートを収集するためにやったこと

はじめに こんにちは、開発本部所属エンジニアの id:kiryuanzu です。 現在、Classi ではサービスのセキュリティリスクをできる限りなくすために Content Security Policy を導入して脆弱性を検知する仕組みの導入を進めています。 本記事ではこの仕組みを導…

アラート対応で気をつけていること

こんにちは!開発本部の id:lime1024 です。 アラート対応について社内で esa にまとめていたところ、参考になると社内でフィードバックをいただいたので開発者ブログでも紹介します。 前提として、平日日勤帯でのアラート発生を想定しています。 対応すると…

開発メンバーの保守運用スキルを上げるため実施している朝当番制度の紹介

こんにちは、開発支援部基盤インフラチームの kenryooo です。 Classiでは過去の高負荷によるアクセス障害での反省を踏まえ、エンジニア向けに保守運用スキルを高める施策として、朝当番という制度を運用しています。今回はその紹介をします。 目的 朝当番制…

Amazon EventBridge(CloudWatch Events)で動かしているバッチをDatadogで監視する仕組みを構築した話

開発本部 認証連携チームでエンジニアをしている、id:ruru8net です。 これはClassi developers Advent Calendar 2021の9日目の記事です。 昨日の記事はこちらです。 Hardening 2021 Active Fault 参加レポート - 桐生あんずです 以前のClassi Advent Calend…

Sentryを活用するためにやっていること

フロントエンドエキスパートチームのlacolacoです。 この記事ではアプリケーション監視プラットフォームのSentryをClassiの中でどのように活用しているかを少し紹介します。Sentryの運用に悩んでいる方の参考になれば幸いです。 Sentryの用途 Classiでは大き…

© 2020 Classi Corp.